最新情報

6月の医院からのお知らせ

6月の休診日

木曜日 2日・9日・16日・23日・30日
日曜日 5日・12日・26日

矯正日・外科診療日

6月 4日(土) 外科治療日
6月19日(日) 矯正治療日(9:30~13:00)

当院の診療スケジュールはこちらからもご確認いただけます。

医院からのお知らせ

当院のホワイトニングがご好評につき、大変多くのお客様にご予約を頂いております!
カウンセリングは無料ですので、ご興味がございましたら是非お早めのご予約をお勧めいたします☆ミ

当院のホワイトニングの詳細は以下のURLをクリックして頂くとご覧いただけます。

↓↓↓

https://www.whitetheory.info/

虫歯予防の日

こんにちは。ひまわり歯科クリニックです。

6月4日はむし歯予防の日。

そしてこの日から1週間は歯と口の健康週間です。

日本人は毎日歯を磨いている人がとても多い国ですが、習慣として漫然と磨いていることが多く、磨いている割にはむし歯ができてしまう、という問題があります。

そこで今回はクイズ形式でむし歯予防についての知識を深めてみましょう!

Q1. 一番むし歯になりやすい歯は?


A.前歯   B.犬歯   C.臼歯

Q2. むし歯になりやすい場所は?


A.歯の凸凹  B.歯と歯の境目  C.歯と歯肉の境目

Q3. 歯ブラシだけで落ちる歯垢は全体の…?


A.60% B.70% C.80%

Q4. 歯磨きのあとのうがいは?


A.
たくさんの水でしっかり何度もした方が良い

B.少量の水で1~2回で良い

Q5. 歯科に来るのは?


A.お口のトラブルが出てからで十分!

B.定期的に検診を受け、メインテナンスを受けたほうが良い

答え

Q1. 一番むし歯になりやすい歯は?

C.臼歯

親知らずもとてもむし歯になりやすいので、少しでも顔を出している場合はしっかり磨いてあげましょう!


Q2. むし歯になりやすい場所は?

A.歯の凸凹 B.歯と歯の境目 C.歯と歯肉の境目

全部正解です!優しい力で小刻みに歯ブラシを動かして、意識的にしっかり磨いてくださいね。歯並びが悪い場所、詰め物・かぶせ物の周囲も注意が必要です。


Q3.  歯ブラシだけで落ちる歯垢は全体の…

 A.60%

歯ブラシだけでは歯垢除去能力に限界があります。歯ブラシが届かない・入れない場所はデンタルフロス歯間ブラシ等を用いると80~90ほどにアップします!


Q4. 歯磨きのあとのうがいは

B.少量の水で1~2回で良い

Aのようにしっかりうがいをしたくなるところですが、歯磨き剤に含まれるフッ素がお口の中から流れ出てしまいます。フッ素をお口の中に留め、定着させることがポイントです。


Q5. 歯科に来るのは

B.定期的に検診を受け、メインテナンスを受けたほうが良い

これはトラブルが出る前に予防した方が良いに決まっていますね!

最近は定期検診・定期メインテナンスにいらっしゃる方が増えていますが、痛みなどの症状が出てからの方がまだまだ多いのが現状。

症状がないとつい後回しにしてしまいますが、歯科に来る日数や費用、お口や身体の健康を人生の中のトータルで考えると定期検診・定期メインテナンスを受けた方が断然お得です!

いかがでしたか?

ちょっとした知識ですが、頭の片隅に置いておいてくださいね。毎日の積み重ねで大きな違いになりますよ!

「さしすせそ」ちゃんと言えますか?

こんにちは。ひまわり歯科クリニックです。

暖かくなり気持ちの良い季節ですね。

今年は飛び石の大型連休ですが、久しぶりに遠出を…と計画されている方も多いのではないでしょうか。

まだマスクをつけていることが多い日常ですが、会話をしていて「滑舌が悪くなった」と感じることはないですか?

 年齢を重ねると、「しゃべりにくい」「滑舌が悪くなった」と感じることがあります。

原因としては、老化により口腔内が乾燥して舌の動きが悪くなること、お口周りや舌の筋力の低下などが挙げられます。

たとえば、大きく口を開けて大きな声で話した時に「さしすせそ」「しゃしぃしゅしぇしょ」になっていたりしていませんか?それはお口の衰えのサインかもしれません。

こうしたお口の衰えをオーラルフレイルといいますが、例として挙げた滑舌以外にも以下のような現象が現れます。

・食事の時にお口から食べ物がこぼれる
・硬いものが噛めなくなった
・うまく飲み込めない、むせる
・口腔内が乾燥している
・口臭がきつくなる   等

 

ひとつひとつは小さなトラブルでも、それが積み重なると栄養不足体力筋力の低下を招き、さらには体全体の状態や気持ちの低下につながっていきます。

ある調査で65歳以上の5割以上にオーラルフレイルの危険性があり、また、それより下の年代でも歯やお口周りのケア方法に改善の余地があり、オーラルフレイル予防の必要があるという結果がでました。

オーラルフレイルは食事の仕方、お口の体操、日々の過ごし方などで対策することができます。

少しでも気になることがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

5月の医院からのお知らせ

5月の休診日

木曜日 12日・19日・26日
日曜日 1日・8日・22日・29日
その他 3日~5日(火・水・木)

※4月28日(木)は、通常どおり診療致します。(診療時間:9:30~17:00

矯正日、診療日変更等について

5月7日(土) 外科治療日
5月15日(日) 矯正治療日(9:30~13:00)

当院の診療スケジュールはこちらからもご確認いただけます。

4月の医院からのお知らせ

4月の休診日

木曜日 7日・14日・21日
日曜日 3日・17日・24日
その他 29日(金/祝)・30日(土)

※4月28日(木)は、通常どおり診療致します。(診療時間:9:30~17:00

矯正日、診療日変更等について

4月9日(土) 外科治療日
4月10日(日) 矯正治療日(9:30~13:00)

当院の診療スケジュールはこちらからもご確認いただけます。

季節の変わり目です

こんにちは。ひまわり歯科クリニックです。

春、新生活が始まる季節がやってきました。季節の変わり目は歯肉が腫れて受診する方が増える傾向にあります。

『そういえば最近親知らず近くの歯肉がぷっくり腫れてるんだよなぁ…なんていう方、いらっしゃいませんか?

季節の変わり目は気温気圧の変化が激しく、身体がついていけず自律神経が乱れ、免疫機能が低下します。

春は入学や就職など、慣れない生活が始まる方も多く、疲れストレスがたまりやすいため、さらにその傾向が強くなります。

歯肉毛細血管がたくさん通っているので体調の影響を受けやすいのですね。

痛みがあるとどうしてもその部位を避けて歯磨きをしがちですが、それはその部分にプラーク(汚れや細菌のかたまり)を残してしまうということです。

無理のない範囲でやわらかめの歯ブラシで優しくブラッシングしてあげてください。
お口の中になるべくプラークを残さないということは歯肉の腫れに対してだけではなく、むし歯歯周病の予防にとってもとても大切なことです。

ていねいに歯磨きをして、ゆっくり休んで疲れを取るだけで症状が治まることも多いですが、腫れ痛みが続く場合は、迷わず歯科を受診してくださいね!

3月の医院からのお知らせ

3月の休診日

木曜日 3日・10日・17日・24日・31日
日曜日 6日・20日・27日
その他 21日(月/祝)

矯正日、診療日変更等について

3月12日(土) 外科治療日
3月13日(日) 矯正治療日(9:00~13:30)

当院の診療スケジュールはこちらからもご確認いただけます。

歯周病予防のカナメ『スケーリング』の豆知識

こんにちは。ひまわり歯科クリニックです。

まだまだ寒い日が続きますが、各地で梅の開花が報告され始めています。
春の暖かさまであと一息、もうしばらくの我慢ですね。

歯についた歯石を取ることを歯科用語で「スケーリング」と呼び、スケーラーという専用の道具を使って歯石を取ります。

スケーラーにも種類があり、ハンドスケーラーは鋭利なフック状の先端を使って手で1本ずつ丁寧に歯石を削り取って行きます超音波スケーラーは水を歯に当て、超音波の振動で歯石を砕いて取り除いていきます。

歯周病がある程度進んで歯の根っこと歯肉が剥がれて歯周ポケットができ、その中に付いてしまった歯石を取り除くことをスケーリング&ルートプレーニング(SRPと言います。

スケーリングを行い、歯垢などの細菌が浸透して汚れてしまった歯の根っこのセメント質を除去して、ツルツルに磨いて細菌が付着しにくい環境を作り、歯周ポケットになっている歯の根っこと歯肉がまた付着するよう促します。

SRPは、歯周病が進行して歯肉が炎症を起こしているところに行うのでどうしても出血しやすいですが、そのあとは歯肉が引き締まって前より状態が良くなりますので安心してくださいね。

また、スケーリング後は歯石が除去されて刺激に敏感になるため、知覚過敏のようになることがあります。これも一時的なものですので、収まるまでは優しく歯磨きをしたり、冷たいものを避けたりするようにしてください。

 歯石は、一度とってもいずれまたついてしまうものです。
重度の歯周病にまで進行すると、歯肉を切開する手術を行う歯石除去が必要になることもあります。
そうならないように定期的に歯科でスケーリングなどの治療を受け歯周病の進行を押さえましょう。

2月の医院からのお知らせ

2月の休診日

木曜日 3日・17日・24日
日曜日 6日・20日・27日
その他 11日(金)・12日(土)・23日(水)

矯正日、診療日変更等について

 2月 5日(土) 外科日
2月10日(木) 通常診療(9:30~16:30)
2月13日(日) 矯正日(9:00~13:30)

当院の診療スケジュールはこちらからもご確認いただけます。

歯を失うことと噛む力

こんにちは。ひまわり歯科クリニックです。

みなさんはリンゴを手でつぶすことはできますか?
おそらく大半の方は無理だと思いますが、歯が健康であれば丸かじりはできますよね。

リンゴを手でつぶすとき、およそ70~80kgの力が必要だそうです。
成人男性の平均的な握力は40~50kgほどなので、人間にとってはかなり大きな力が必要だということがわかりますね。

握りつぶすのとは単純に比較はできませんが、人間はリンゴをガブリと丸かじりできるほどしっかり噛む力を持っているのです。

人間が思い切り噛んだ時の力は、体重に比例していると言われます。
体重40kgなら40kg。60kgなら60kgほど、ということですね。

噛む力は年齢や日頃の軟らかいものばかり食べているといった食生活だけではなく、口腔内の状態によっても大きく変化します。
むし歯歯周病などで歯を失った場合、例えば奥歯を失った場合はそれがたとえ1本だけだとしても2~4割ほど低下すると言われています。

4割噛む力が低下したら…食べられるものも減り、健康な生活に影響が出ることは想像に難くないですね。前歯を1本失ってしまっただけでもリンゴを丸かじりできなくなるかもしれません。

万が一歯を失ってしまった場合、食べることに関してだけではなく、体全体の健康状態や認知症、生活習慣病等、さまざまなことへの影響が懸念されます。決してそのままにせず、必ず歯科で適切な処置を受けてください。

たとえば入れ歯を入れたとしても、もともとのご自身の歯の噛む力には遠く及びません。
日頃から歯磨きをしっかりと行い、定期的に歯科検診でお口の健康状態のチェックを受け、むし歯や歯周病早期治療を心がけましょう。